華やかなイメージの裏には苦労もある

自分らしい生き方を求めて、会社員からフリーランスのエンジニアという働き方を選択する人が増えています。しかし、フリーランスは魅力的な働き方ではあるものの、当然リスクもつきまとうので実情を知っておく必要があるでしょう。

まずフリーランスの魅力として、自由度が高く自分のペースで働ける点が挙げられます。会社員のように勤務時間や就業ルールがあるわけではないので、オンとオフとの切り替えも自由自在です。そのため、月の前半に集中して働き、後半はバカンスを楽しむという働き方も夢ではありません。また、大ヒットするようなアプリやWebサービスを開発したり、大きな仕事に携わったりできれば、収入アップを図ることも夢ではないでしょう。

しかしその一方で、企業のような守ってくれる存在がないので、病気や怪我で働けなくなると収入がゼロになってしまうこともあります。さらに、営業活動をはじめ、事務業務や経理も自分でやらなければならず、タスク管理が煩雑になりがちです。したがって、計画性を持って働かないと経済的な破綻や、仕事に忙殺される可能性もあることを知っておきましょう。

フリーランスのエンジニアといえば、どうしても華々しい面にばかり目が向きます。ですが、それはフリーランス生活のほんの一部分でしかありません。そのため、フリーランスを目指す場合は、上記のようなメリットとデメリットの双方をよく調べて、強い意志と入念な下準備をして挑戦することが大切となってきます。