エンジニアとしてフリーランスになるメリット

フリーランスは、特定の企業に属さない働き方であるため、比較的自由に働くことができます。どこで仕事をするのか、何時から仕事に取りかかるのかなど、仕事をする場所も時間も自分次第なのです。早起きが苦手で午前中のパフォーマンスが低いことから、夜を中心に仕事をしているフリーランスのエンジニアも珍しくありません。また、満員電車で通勤する毎日から解放されて、ストレスのない生活を送ることも可能です。

こうした働き方は、常駐型ではなく在宅型の案件を選ぶことで実現できるでしょう。在宅型の案件としては、アプリケーションを開発するプログラマーや、Webサイトのデザインからコーディングまで一括して請け負うWebデザイナーなどが挙げられます。

フリーランスに転身した人の中には、収入アップが大幅になるケースも少なくないようです。会社員時代に比べて、2倍以上の年収を稼いでいるエンジニアも存在します。フリーランスには仕事に関する上限がないため、自分の努力次第でどこまでも上を目指していける環境が整っていることが、一番の理由でしょう。

しばしば仕事の不安定さがデメリットに挙げられますが、IT業界は慢性的な人材不足にあるため、フリーランスの案件も豊富にあるのが実情です。クライアントの要望に沿った質の高い仕事をすることで、一度案件を受注したクライアントから定期的に仕事を依頼されることもあります。挑戦したい分野を選んで案件ごとに契約するフリーランスは、まさに自由度の高い働き方だといえるでしょう。